便秘の治し方 お腹が張って痛いときの解消法!

頑固な便秘の治し方について解説しています。便秘は大腸がんの原因ともなる恐ろしいもの。原因を知り、対策をして改善していきましょう。お腹の張る痛み、冷え性、肌荒れ、むくみなど、便秘による症状と解消法を説明しています。便秘に効く食事法や漢方薬、運動についても解説。

広告

お腹の冷えと便秘を解消するマッサージ方法

スポンサーリンク

便秘に悩んでいる人には、冷え性の方が多いようです。

腸は冷えにとても弱い臓器です。お腹が冷えていると、腸の働きが弱まり、円滑に便を排泄することができなくなってしまいます。

 

そのため冷えは便秘の原因となるのですが、それだけでなく、消化や吸収の働きも低下するため、細胞に栄養が行き渡らなくなり、全身の健康も損なわれてしまいます。

冷えにより血行が悪くなり、余分な老廃物が身体に溜まることによって、むくみや吹き出物の原因ともなります。

 

便秘症の方は、お腹の冷えに気をつけるようにしましょう。

腹巻きを身に着けるなど、お腹の冷えない服装をし、カイロを下腹部に貼ることもおすすめです。

 

また、東洋医学の考え方では、冷えにより全身の気、血、水の流れが滞ると、様々な身体の不調や病気の原因になるとされています。

便秘になると、老廃物や毒素が排泄されないまま、血液に吸収されて身体中をめぐることになり、体に悪影響を及ぼすことになります。

 

今回はお腹を温めて血液や気の流れを良くし、便秘を解消する効果のあるマッサージをご紹介します。

 

f:id:rabana:20160104154711j:plain

 

 

 お腹の冷えと便秘を解消するマッサージ

 

  1. 仰向けに寝て、両手をウエストの一番細い部分に当てます。

  2. 左右の腰からおへその下まで指をすべらせるようにゆっくりとマッサージします。
    力をこめずに、優しく、気持ちよいと感じるぐらいの強さで行います。
    何度も繰り返しながら、一分間ほどさすって下さい。

  3. 次に両手を合わせて、おへその下から股間までまっすぐにマッサージします。
    こちらも一分間ほど繰り返してさすって下さい。

 このマッサージは、朝起きた後すぐと、夜寝る前に、布団の中で行うのが効果的です。

お腹を冷やさないように、布団の中で服をまくりあげて行いましょう。

肌に直接触れてこすることで、手のひらの摩擦による温熱作用でお腹が温まります。

 

また、このマッサージにより、おへそのツボが刺激されて、気、血、水の流れを促し、腸の排泄運動を促す効果があります。
足は伸ばしたままでよいですが、膝を立てて行うと、より腸へアプローチする効果が高まります。