便秘の治し方 お腹が張って痛いときの解消法!

頑固な便秘の治し方について解説しています。便秘は大腸がんの原因ともなる恐ろしいもの。原因を知り、対策をして改善していきましょう。お腹の張る痛み、冷え性、肌荒れ、むくみなど、便秘による症状と解消法を説明しています。便秘に効く食事法や漢方薬、運動についても解説。

広告

便秘解消に効くおやつのレシピ 雑穀クッキーの作り方

スポンサーリンク

雑穀は便の排泄をスムーズにしてくれる食物繊維を豊富に含みます。

さらにミネラルを多く含み、身体の健康維持や美容にも良い食材です。

 

今回は便秘解消に効くおやつとして、雑穀入りクッキーの作り方をご紹介します。

 

 

f:id:rabana:20160103220226j:plain

 

便秘解消に効くおやつ  雑穀クッキーのレシピ

 

☆材料

薄力粉 100g

ベーキングパウダー 小さじ1

黒米、押し麦などの雑穀 大さじ3

きび砂糖 30g

サラダ油 大さじ3

塩 少々

 

*雑穀はお好みのもので構いません。
 市販されているミックスされた雑穀を使うのも良いでしょう。
 ただし小豆は硬くて食べにくいので、小豆入りのものは避けて下さい。

 

☆作り方

  1. フライパンを温めて雑穀を入れ、弱火でじっくりと乾煎りします。
    皮がはじけるぐらいが目安です。

  2. ボウルにきび砂糖とサラダ油を入れて、泡立て器でよく混ぜ合わせます。
    水大さじ1を加え、全体がもったりとするまでさらによく混ぜます。

  3. 2のボウルにふるった薄力粉と、ベーキングパウダー、塩、乾煎りした雑穀を入れ、全体がしっとりとまとまるまでゴムベラでよく混ぜ合わせます。

  4. 天板にオーブンシートを敷いておき、3を小さじスプーンですくってのせていきます。指を水で濡らして、生地を軽く押すようにして広げます。

  5. オーブンを180度に温めておき、焼き色をチェックしながら15~20分焼きましょう。
    *トースターで焼く場合は、表面が焦げてしまわないように、5分ほど焼いたらアルミホイルをかぶせて、さらに5分焼きます。

 

☆食べ方

 雑穀入りのクッキーはお腹持ちが良いので、空腹時のおやつにもおすすめです。

あるいは、忙しいときの朝食として5~6枚ほど食べるのも良いでしょう。

 
入れる雑穀の種類にもよりますが、一枚当たりのカロリーは約50kcalです。

雑穀クッキーを食べるときは、ホットミルクや紅茶など、たっぷりの水分も一緒に摂るのがコツです。

水分が足りないと、食物繊維で便のカサが増えても柔らかくならず、排泄されにくくなってしまいます。

たっぷりの水分と一緒に食べると、食物繊維が水分を含んでお腹で膨れるので、満足感も得ることができます。