便秘の治し方 お腹が張って痛いときの解消法!

頑固な便秘の治し方について解説しています。便秘は大腸がんの原因ともなる恐ろしいもの。原因を知り、対策をして改善していきましょう。お腹の張る痛み、冷え性、肌荒れ、むくみなど、便秘による症状と解消法を説明しています。便秘に効く食事法や漢方薬、運動についても解説。

広告

腸の老化をチェック-便秘解消には善玉菌を増やすこと

スポンサーリンク

 善玉菌と悪玉菌とは

 

腸内には善玉菌と悪玉菌がいる、ということは耳にされたことがあるのではないでしょうか。

私たちの腸内に生息している細菌の種類は100を超え、その数は100兆個ともいわれています。

それらの細菌は大別すると、身体にとって良い働きをする善玉菌、身体に悪影響を及ぼす悪玉菌の2種類に分かれます。

 

善玉菌の役割は非常に重要です。

ウイルスなどの病原菌が細胞を攻撃するのを防ぐ働きや、発ガン物質を分解して細胞のガン化を防ぐ働き、腸内の老廃物を掃除して環境を整え、腸の機能を助ける働きがあります。

 

 

善玉菌の数が減って悪玉菌が増えると、腸の機能が衰えて便秘や下痢の原因となります。

さらに身体の免疫力が低下して、風邪を引きやすくなったり、さらにガンや生活習慣病などの恐ろしい病気にもかかりやすくなってしまいます。

 

そのため腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすことが便秘予防のためだけでなく、全身の健康管理に大切なのですが、残念ながら、加齢とともに善玉菌が少なくなり、悪玉菌が増えてきます。

高齢の方が便秘になりやすい要因は、腸の老化による細菌バランスの乱れにあります。

 

 腸の老化のチェック

 

自分の腸の老化がどのくらい進行しているかどうかをチェックしてみましょう。

当てはまる項目にマルをしてみてください。

 

  1. 便秘傾向にある
  2. 下痢になりやすい
  3. 吹き出物やニキビなど、肌荒れしやすい
  4. 疲れやすく、疲れがなかなかとれない
  5. 風邪をひきやすい
  6. 生活が不規則になりがちで、睡眠不足である
  7. 自分のうんちやおならが臭いと感じる
  8. 野菜や海藻、果物、大豆製品はあまり食べない
  9. 肉料理や、脂っこい食べ物が好き

 

f:id:rabana:20160101162700j:plain

 
幾つ当てはまったでしょうか。

マルが2つ以下であれば、腸は元気で健康な状態です。今の生活や食習慣を続けて、腸の若々しさをキープしましょう。

 

マルが3~5個であれば、まだそんなに心配することはありません。ただし、生活習慣の乱れなどにより腸が老化しやすい状態なので油断は禁物です。

 

マルが6~7個であれば、腸が老化しつつあるので注意が必要です。食物繊維や乳酸菌など、腸内環境を整える食べ物を積極的に摂り、規則正しい生活をするなど、腸の老化をストップさせるための改善をしていきましょう。

 

マルが8~9個であれば、腸の老化がかなり進行してしまっています。

このままの生活を続けていくと、加齢と共にますます腸の働きが衰え、便秘や下痢だけでなく、大きな病気にかかる心配もでてきます。

腸の老化は、生活習慣や食事の改善により回復させることができます。規則正しい生活、適度な運動を習慣にし、腸に良い食材をたっぷり摂って、腸内環境を整えていきましょう。