便秘の治し方 お腹が張って痛いときの解消法!

頑固な便秘の治し方について解説しています。便秘は大腸がんの原因ともなる恐ろしいもの。原因を知り、対策をして改善していきましょう。お腹の張る痛み、冷え性、肌荒れ、むくみなど、便秘による症状と解消法を説明しています。便秘に効く食事法や漢方薬、運動についても解説。

広告

便秘解消に効くヨガのポーズと呼吸法②腰のストレッチ

スポンサーリンク

今回は、背骨をまっすぐにし、たるんだ腸を矯正して、働きを活性化させるヨガのポーズをご紹介します。

 

 便秘解消に効くヨガのポーズと呼吸法 腰のストレッチ

 

f:id:rabana:20151231160812j:plain

 

 

  1.  仰向けに寝て、両膝を立てます。
    両足を軽く開き、足の指がやや外側へ向くようにします。
    ゆっくりとしたリズムでまず呼吸を整えましょう。

  2. 鼻から息を吸い込みます。

  3. 息を口から吐き出しながら、腰を持ち上げます。

  4. 腰を出来るだけ高く上げたら、その姿勢をキープ。
    顎を引くように意識して、5回ゆっくりと呼吸を繰り返します。

  5. 最後に深く息を吐き出しながら元の姿勢に戻します。

 

*ポイント  
呼吸する時は、おへその下3~4センチのところにある「丹田」を意識しながら息を吸って吐くようにしましょう。

朝起きた後の空腹時に行うと効果的です。

 

私たちの身体機能を維持し、コントロールしている自律神経

自律神経のバランスの乱れは、様々な身体の不調の症状を引き起こします。

便秘もその症状のうちのひとつ。

腸の働きをつかさどる自律神経に狂いが生じてしまうと、便を排泄するための腸の運動がスムーズに起こらなくなってしまいます。

 

自律神経は背骨と並行して走っています。

そのため、背骨が歪んでしまうと、自律神経のバランスに狂いが生じてしまいやすくなります。

背骨をまっすぐに保つためには、日頃から正しい姿勢を心がけることが大切です。

このヨガのポーズには背骨の歪みを矯正し、乱れがちな自律神経のバランスを整える効果があります。