便秘の治し方 お腹が張って痛いときの解消法!

頑固な便秘の治し方について解説しています。便秘は大腸がんの原因ともなる恐ろしいもの。原因を知り、対策をして改善していきましょう。お腹の張る痛み、冷え性、肌荒れ、むくみなど、便秘による症状と解消法を説明しています。便秘に効く食事法や漢方薬、運動についても解説。

広告

便秘でうんちが臭い原因と改善法 病気につながるので注意!

スポンサーリンク

 便秘でうんちが臭い時の原因

 

今回は便の臭いについて取り上げたいと思います。

便は体内の老廃物が排泄されるものなので、多少の臭いはあるものですが、便秘気味でうんちが異常に臭い、という場合には注意が必要です。

 

肉食中心の食生活で、動物性脂肪の多い食べ物を多く食べていると、便の臭いが強くなる原因となります。

揚げ物など、油の多い食事もそうです。

 

動物性脂肪や油は、消化するのに多大なエネルギーを使います。

毎日多量の脂肪分を摂っていると、消化不良の状態となり、消化されないままに食べたものが体内で腐り、発酵していきます。

 

 

通常であれば、腐って発酵した内容物は下痢として体外へ排泄されます。

食べ過ぎによる消化不良で下痢が起こるのは、腐敗した老廃物が体にとどまり、悪影響を及ぼすのを防ぐための身体の自己防衛ともいえます。

 

しかし、便秘症でなかなか便を体外へ排出できないと、腐敗して発酵した便が体内にとどまってしまうことになります。

 その毒素が腸管の血液に吸収されてしまい、血行を悪くしたり、体臭が強くなったり、吹き出物など肌荒れの原因になったりと、様々な身体の不調の原因となります。

 

それだけでなく、腸閉塞や、動脈硬化など、深刻な病気を引き起こす原因ともなりますので、注意が必要です。

 

f:id:rabana:20151225155342j:plain

 

 便秘によるうんちの臭いを改善するためには

 

体内で腐敗している便の特徴としては、異常に臭く、すっぱいような臭いがすることもあります。

これは腐敗・発酵の際に腸内が酸性に傾いているためです。

また、吐き気や胸焼けなどの不快な症状を伴うこともあります。

 

便がこのような状態になってしまうのを改善するためには、食生活の見直しをすることが大切になります。

動物性脂肪や、油の摂り過ぎを控えるようし、野菜、海藻、大豆製品、穀類など、食物繊維を多く含む食品を進んで食べるようにしましょう。

食べすぎや飲みすぎは消化器官を痛めつけますので注意して下さい。

 

また、消化機能を強くするために、ウォーキングなど適度な運動をしたり、ストレスがたまらないように気をつけたり、たっぷり睡眠をとるなどして、体をケアし健康に保つことも大切です。