便秘の治し方 お腹が張って痛いときの解消法!

頑固な便秘の治し方について解説しています。便秘は大腸がんの原因ともなる恐ろしいもの。原因を知り、対策をして改善していきましょう。お腹の張る痛み、冷え性、肌荒れ、むくみなど、便秘による症状と解消法を説明しています。便秘に効く食事法や漢方薬、運動についても解説。

広告

便秘の解消に効く湿布のやり方 温湿布の効果

スポンサーリンク

温湿布に便秘を解消する効果

 

冷えは便秘対策の大敵。

お腹の冷えは腸内の血流を悪化させ、筋肉を硬直化させてしまうので、便秘の大きな要因となります。

お腹の冷えを解消する方法として、温湿布で腰を温めるやり方があります。

 

温かな湿布を腰に当てることで、熱が腰まわりからお腹に伝わって、血管を拡張させて腹部の血行を良くすることが出来ます。

また、熱が腰にある腸の神経を刺激するため、腸の運動を活発化させる効果があります。

 

f:id:rabana:20151219153608j:plain

 

 便秘に効く湿布のやり方

 

  1. 2リットルのお湯を鍋に沸かし、ペパーミントのエッセンシャルオイルを2,3滴入れてよくかき混ぜます。
  2. タオル(フェイスタオルくらいの大きさのもの)をお湯の中に入れてお湯を染みこませます。
  3. タオルを絞り、ビニール袋に入れます。
  4. 別の乾いたタオルで3をくるみ、腰に当てます。

 

 さらに、ひざ掛けやバスタオルなどで腰からお腹をくるむようにすると、熱がお腹まで伝わりやすくなります。

 

お湯だけでも良いのですが、ペパーミントのエッセンシャルオイルを入れることで、保温効果が長く続きます。

ペパーミントの香りには、血液の循環を促したり、腸に働きかけて運動をスムーズにする作用があり、香りを鼻から吸い込みながら温湿布をすることで、効果をアップさせることができます。


温湿布で便秘が治るの?と思われるかもしれませんが、腰やお腹を温める効果は思った以上に高いものです。

また、腰を温めることで骨盤内の血流も良くなり、下半身に血液が行き渡りやすくなります。

 特にお風呂に入れない時や、運動不足で筋力が低下している方、冷え性の方、便秘とともに下半身のむくみに悩んでいる方などには、是非試していただきたいおすすめの方法です。