便秘の治し方 お腹が張って痛いときの解消法!

頑固な便秘の治し方について解説しています。便秘は大腸がんの原因ともなる恐ろしいもの。原因を知り、対策をして改善していきましょう。お腹の張る痛み、冷え性、肌荒れ、むくみなど、便秘による症状と解消法を説明しています。便秘に効く食事法や漢方薬、運動についても解説。

広告

ミントティーの便秘解消の効能 お腹にガスが溜まる時も改善

スポンサーリンク

 ミントティーの便秘解消の効能


便秘の大きな要因となるのが、ストレスや冷えなどにより、腸管の筋肉が緊張して収縮してしまうことです。

筋肉が硬直してしまうので、便を排泄するために必要なぜん動運動がスムーズに行われなくなり、便秘の症状を引き起こしてしまいます。

 

 

ペパーミントは腸の筋肉にアプローチし、緊張を和らげてリラックスさせる作用を持つハーブです。そのため腸が働きやすくなり、便秘を改善する効果があります。

お湯を注いでハーブティーとして飲むのが手軽でおすすめの摂り方です。

 

f:id:rabana:20151215222927j:plain

 

 お腹にガスが溜まるときも改善する効果がある

 

ガス=おならが出るのは健康な体なら自然のことです。

ガスの大体7割が食事の時などに口から飲み込んだ空気です。腸内で内容物が発酵した時に発生するガスや、血液から排出されるガスがそれに加わり、おならとして外へ排出されます。

 

しかし便秘の状態では、硬い便が排泄されないままに肛門付近に残ったままになるので、ガスが体外へ出て行くことができません。

そのためにガスが溜まってお腹が張り、大変苦しい状態になります。

こうした腹部膨張感の解消にも、ミントティーが効果的です。ペパーミントの主要成分であるメントールが、腸管の緊張を和らげて、溜まったガスを排出させる働きを促します。

昔からハーブ療法の盛んであるヨーロッパでは、こうしたお腹の張る症状の時にペパーミントを摂取します。

 

また、漢方の世界では、ペパーミント(薄荷)は胃の働きを良くする生薬として用いられてきました。

ミントティーを飲むと胃がすっきりとするような清涼感がありますね。ペパーミントは胃の消化・吸収の働きを促し、胸焼けや胃もたれなどの症状を改善する作用があるのです。

 

さらにペパーミントには血行を良くして発汗を促す作用もあるため、血行不良や冷えの改善にも効き目があります。そのため、ミントティーは便秘に加えて冷えの症状がある場合や、むくみに悩んでいる場合にもおすすめの飲み物です。

オリゴ糖を入れるとさらに整腸効果をアップさせることができます。