便秘の治し方 お腹が張って痛いときの解消法!

頑固な便秘の治し方について解説しています。便秘は大腸がんの原因ともなる恐ろしいもの。原因を知り、対策をして改善していきましょう。お腹の張る痛み、冷え性、肌荒れ、むくみなど、便秘による症状と解消法を説明しています。便秘に効く食事法や漢方薬、運動についても解説。

広告

ヨーグルトの乳酸菌が便秘に効かない理由 おすすめの摂り方

スポンサーリンク

 ヨーグルトの乳酸菌が便秘に効かない理由

 

ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌が便秘の解消に良いということはよく知られていますね。

乳酸菌はビフィズス菌と同様に、腸内の善玉菌の代表であり、腸内の環境を整える働きをしています。

 

乳酸菌といえば牛乳を発酵させたヨーグルトが有名です。

ヨーグルトやチーズに含まれている乳酸菌は、動物性のものです。

 

それに対してあまり知られていないのは、植物性の乳酸菌。

味噌や醤油、納豆など大豆を発酵させた食品や、漬物、キムチなどに多く含まれています。

 

 

便秘を解消するにはヨーグルトが良いというのは定説ですが、「毎日ヨーグルトを食べているのに便秘が治らない」という声をよく耳にします。

実は動物性の乳酸菌は、胃液や、腸液にさらされるうちに多くが死んでしまい、生きたまま大腸まで届きにくいことがわかってきました。

 

f:id:rabana:20151215160014j:plain

 

それに対して、植物性の乳酸菌は比較的強く、消化液の中で死滅することなく、大腸まで生きて届きやすいのです。

 

 乳酸菌のおすすめの摂取方法

 

植物性の乳酸菌を効率的に摂取するには、上記に挙げた味噌や漬物などの発酵食品を積極的に食べるようにすることが良い方法です。

ただしこういった食材は塩分も多いため、摂りすぎには注意しましょう。

 

また、植物性の乳酸菌を含む飲み物や、サプリメントも市販されているので、普段の食事で発酵食品を摂る機会がない場合は、そういった飲料やサプリで補給することもできます。

 

一方、動物性の乳酸菌も、全く大腸に届かず効果がないということではありません。

特にヨーグルトには様々な種類の乳酸菌が豊富に含まれているので、腸の働きを促すにはおすすめの食材です。

オリゴ糖の含まれているはちみつをかけて食べたり、食物繊維・ビタミンCの豊富なバナナやリンゴなどの果物と一緒に食べると、より効果が期待できます。