便秘の治し方 お腹が張って痛いときの解消法!

頑固な便秘の治し方について解説しています。便秘は大腸がんの原因ともなる恐ろしいもの。原因を知り、対策をして改善していきましょう。お腹の張る痛み、冷え性、肌荒れ、むくみなど、便秘による症状と解消法を説明しています。便秘に効く食事法や漢方薬、運動についても解説。

広告

便秘解消に効くオリーブオイルの摂り方と飲み方・量

スポンサーリンク

オリーブオイルの便秘解消効果

 

イタリア料理の人気から、現在ではオリーブオイルは私たちの食卓に身近なものとなりました。

実はオリーブオイルには腸の働きを促す作用があるとして、昔からヨーロッパでは自然の薬として使われてきました。

オリーブオイルをそのまま飲むことで、便秘を解消する効果があるとされています。

 

 

オリーブオイルが他の油と異なる点は、オリーブオイルに多く含まれているオレイン酸が小腸で吸収されにくいという点です。

一度に多めのオリーブオイルを摂ると、小腸で吸収されることなく大腸へ送られ、腸のぜん動運動を促す作用があると考えられています。

 

f:id:rabana:20151213224541j:plain

 

オリーブオイルの摂り方

 

便秘を解消するためには、オリーブオイルを一日に大さじ1~2杯摂ることをおすすめします。

 

なお、市販されているオリーブオイルにはエキストラ・バージン・オリーブオイルとピュアオリーブオイルがあります。

 

エキストラ・バージン・オリーブオイルは人工的に精製されていない、オリーブの実をそのまま搾って取られたオイルのことです。そのために香りと風味の強いオイルです。

それに対してピュアオリーブオイルは、精製されているために香りや風味が抜け、マイルドな味になります。

 

腸の働きを促すためには、純度の高く、オレイン酸の含有量の多いエキストラ・バージン・オリーブオイルを摂ることをおすすめします。

オリーブオイルの摂り方としては、毎日大さじ1~2杯そのまま飲むという方法があります。

しかし毎日飲むとなると、味にも飽きてしまうし、独特の風味が苦手な方もいらっしゃるでしょう。

それ以外のオリーブオイルの摂取方法としては、以下のものがあげられます。

  • パンに塗って食べる

    バターの代わりにトーストなどにつけて食べます。飽和脂肪酸の多い動物性脂肪を控えることにもなり、動脈硬化など生活習慣病の予防にもなります。

  • ドレッシングとしてサラダにかける

    オリーブオイルにレモン汁や塩を加えて、サラダに振りかけて食べると、ドレッシングの代わりになります。

  • 料理に使う

    オリーブオイルを焼き魚にかけたり、スープに入れるとコクと風味が増します。
    ただし、エキストラ・バージン・オリーブオイルを加熱しすぎると発煙することがあるので、一般的には炒め物や揚げ物には向かないとされています。