便秘の治し方 お腹が張って痛いときの解消法!

頑固な便秘の治し方について解説しています。便秘は大腸がんの原因ともなる恐ろしいもの。原因を知り、対策をして改善していきましょう。お腹の張る痛み、冷え性、肌荒れ、むくみなど、便秘による症状と解消法を説明しています。便秘に効く食事法や漢方薬、運動についても解説。

広告

便秘対策のための下剤の種類と副作用について

スポンサーリンク

便秘が悪化すると、お腹が張ってひどく苦しいもの。

自力では排便できない時、下剤を使って出す方法があります。

便がどうしても出なくて、腹痛や吐き気などの苦痛があるとき、下剤を使って腸の働きを促すのは有効です。

ただし、市販の下剤の使い方を間違えて、便秘をかえって悪化させてしまっている人が多いようです。

 

下剤の種類と副作用

 

下剤は大きく分けて2つに分かれます。

  • 刺激性下剤

    腸を刺激して排便を促すもの。
    大腸を刺激する大腸刺激性下剤と、小腸を刺激する小腸刺激性下剤とがあります。

    薬局で市販されている下剤のほとんどは、大腸刺激性下剤。大腸に刺激を与えて、排便するためのぜん動運動を促す働きをします。
    長期にわたって使用すると、大腸機能の低下を招くリスクがあります。
    特にセンナ・アロエなどの成分を含む薬は副作用を起こしやすいので注意が必要です。

    小腸を刺激する小腸刺激性下剤は、大腸刺激性下剤に比べると副作用が少ないです。

  • 機械性下剤

    腸内の水分を増やして、便を柔らかくしたり、便のカサを増やして排出されやすくする作用があります。
    塩類下剤、糖類下剤、膨張性下剤、浸潤性下剤が挙げられます。
    刺激性下剤に比べると副作用が少なく、糖類下剤は子どもの便秘治療にも使われます。

 

 

f:id:rabana:20151205160743j:plain

 

便秘の原因に応じた下剤を摂取する

 

前述のように、市販されている下剤のほとんどは、大腸刺激性下剤です。

大腸をじかに刺激するため、即効性があり、強い効力を持ちますが、腹痛などの副作用があったり、使い続けるうちに下剤依存に陥りやすいリスクがあります。

 

長期間に渡って使用すると、腸の働きが鈍っていき、下剤なしでは腸が働かないようになってしまいます。

また、だんだん効力が落ちてくるので、下剤の量を増やさなくてはいけなくなっていき、下剤の乱用にもつながる危険性があります。

自己判断で市販の下剤を乱用することは避けなければいけません。

 

便秘の原因はその人によって様々です。

大腸や小腸の働きに問題があるタイプ、便の内容物の水分や量が足りないタイプ、精神的なストレスや女性ホルモンが影響しているタイプ、直腸や肛門の働きが鈍くなっているタイプなど。

 

便秘の原因によってどの下剤を用いるかが変わってきます。

例えば、便の内容物が少ない場合は膨張性下剤が用いられ、直腸や肛門の働きが鈍っている場合は下剤よりも坐薬による治療が効果的になります。

 

そのため、まずは自分の便秘の原因を知ることが大切です。

二週間以上全く排便がない場合や、苦痛がひどい場合は、医療機関を受診し、医師の指導のもとで下剤を服用することをおすすめします。