便秘の治し方 お腹が張って痛いときの解消法!

頑固な便秘の治し方について解説しています。便秘は大腸がんの原因ともなる恐ろしいもの。原因を知り、対策をして改善していきましょう。お腹の張る痛み、冷え性、肌荒れ、むくみなど、便秘による症状と解消法を説明しています。便秘に効く食事法や漢方薬、運動についても解説。

広告

ダイエット中の便秘の改善法-便秘で体重が減らない時の対策

スポンサーリンク

ダイエット中に便秘になりやすい原因

 

男性よりも女性に便秘に悩む人が多い主な要因のひとつに、ダイエットが挙げられます。

ダイエットをすると便秘になりがちになるのは、食事制限により食べる量が減ることで、腸内の内容物が減り、腸の動きが鈍くなってしまうためです。

また、便を作るのに必要な食物繊維などの栄養素が減少してしまうことも原因となります。

 

 

腸の働きは、食べることで活発になります。

食べ物が体に入ると、胃や腸が脳から指令を受けて働き始めます。

腸に便が残っている場合、次に送られてくる食べ物に備えて、排泄物を出してしまおうという働きが高まります。

よく朝食の後などに便意を催しやすいのはそのためです。

 

しかし、ダイエットで食事を抜いてしまうと、腸のリズムが狂ってしまいます。

最近では朝食を抜くダイエットが人気がありますが、朝の時間帯は腸の活動が最も活発になりやすいピーク時に当たります。

朝食を抜いてしまうと、脳から指令が出ないため、腸の働きが活発化されずに、便が排泄されないまま残ってしまいやすくなります。

 

たまに忙しくて食事を抜いてしまうくらいでしたら、一時的に便秘になっても、食事のリズムが元に戻れば、腸の機能も回復してくれます。

しかし、ダイエットのために食事抜きの状態が続くと、腸の機能が鈍ったまま、便秘の症状が悪化していくことになります。

 

f:id:rabana:20151204224713j:plain

 

便秘で体重が減らない時の対策

 

便秘になると、排泄されない老廃物が体の中に蓄積されていくため、体重がなかなか減らず、ダイエットの効果が得られにくくなります。

老廃物が溜まることにより、血液やリンパの流れも悪くなり、不要な水分が体内に溜まってむくみ、逆に体重が増加してしまうこともあります。

 

また、便秘によりお腹がぽっこりと出っ張ったような状態になり、むしろダイエットを始める前より「太った」と感じる人もいるようです。

 

体重が落ちないからといって、やみくもに食事制限に走ったり、食事を抜いてしまうと、ますます腸の働きが弱まってしまい、便秘の症状が悪化してしまう悪循環に陥ってしまいかねません。

 

対策としては、まずはダイエットよりも「腸を元気にする」ことを目標に据えてみることをおすすめします。

腸内環境が整って便秘が解消され、体内の老廃物や余分な水分が排出されれば、お腹がすっきりします。

腸を元気にして働きを活性化させながら、脂肪や糖分の摂取を控え、適度な運動をし、規則正しい生活を送ることが、健康的にやせることにつながります。

 

ダイエット中の便秘の改善法

 

  • 朝食を摂る

    前述したように、朝は腸の活動がピークになる時間帯。
    朝食を抜いてしまうと、脳からの指令が出されないので、せっかくの活動時間帯に腸が働くことができません。
    バナナやヨーグルトなど軽い食事でもよいので、朝食を食べるようにして、腸を刺激して働きを促しましょう。

  • 「炭水化物抜き」をやめる

    人気のダイエット法に炭水化物抜きダイエットがありますが、炭水化物を全く摂らないと、食物繊維の摂取量が減るため、便秘になりやすくなります。

    確かに炭水化物の摂り過ぎは太る原因になりますが、全く食べないと、血糖値の下降を招き、イライラや抑うつ状態を引き起こすこともあります。
    かえってドカ食いを招き、リバウンドしてしまう危険性もありますので、炭水化物は適度に摂るようにすることをおすすめします。

    ごはんを玄米や雑穀米、パンなら全粒粉やライ麦のパンに変えると、食物繊維を効率的に摂る事ができます。

  • 低カロリーで食物繊維が豊富な食材を摂る

    ダイエットによる便秘の主な要因は、食事制限による食物繊維の不足です。
    カロリーを増やさずに食物繊維を摂るには、カロリーが低く食物繊維が豊富に含まれた食材を積極的に摂るようにしましょう。

    ☆低カロリーで食物繊維が豊富な食材の例
    • わかめ、ひじき、昆布などの海藻類
    • しめじ、エリンギ、椎茸などのきのこ類
    • たまねぎ、ごぼうなどの根菜類
  • 食事の前に白湯を飲む

    食事の前に白湯を一杯飲むようにすると、食べすぎを防ぐことができます。
    さらに、白湯を飲むことで体が温まり、腸の働きを円滑にする効果があります。
    柔らかな便を作るための水分補給にもなります。