便秘の治し方 お腹が張って痛いときの解消法!

頑固な便秘の治し方について解説しています。便秘は大腸がんの原因ともなる恐ろしいもの。原因を知り、対策をして改善していきましょう。お腹の張る痛み、冷え性、肌荒れ、むくみなど、便秘による症状と解消法を説明しています。便秘に効く食事法や漢方薬、運動についても解説。

広告

便秘と冷え性の関係-冬に便秘になりやすい原因と解消法

スポンサーリンク

便秘と冷え性の関係

 

ひどい便秘の症状で病院を受診される方の数は、1~2月頃が最も多いと言われます。次に多いのが8月です。

 

これには実は「冷え」が大きく関係しています。

一年のうちで最も冷え込む真冬の1~2月。

そして8月はエアコンによる冷えが原因です。

 

腸はとてもデリケートであり、身体の冷えに非常に弱い臓器なのです。

 

 寒くなると手足が冷たくなりますね。これは身体の熱を逃がさないために手足などの末端の血管が収縮するためです。

寒さに対する身体の自己防御の反応なのですが、血管が収縮することにより交感神経が緊張するため、腸の働きが抑制されてしまいます。

さらに、冷えにより全身の血行が悪くなると、腸の働きに必要な酸素や栄養素が十分に行き届かずに、腸の機能の低下を招きます。

 

f:id:rabana:20151202150922j:plain

 

冬に便秘になりやすい原因と解消法

 

冬に便秘になりやすいのは、こうした冷えによる腸の機能の低下の他にも、水分不足や運動不足があげられます。

寒くて水分の摂取量が少なくなると、排便のための水分不足となり、便秘になりやすくなります。

また、寒くてあまり外出しなくなり、運動不足になることも便秘の原因となります。

冬に便秘の症状が起きやすいのは、こうした要因が重なっているためです。


冬の便秘の解消法

 

  • 体を温める

    冬の便秘の解消法としては、とにかく体を温めることが大切。
    お風呂にゆっくり浸かったり、湯たんぽやカイロでお腹を温めるなどして、冷やさないように対策しましょう。

  • 体が温まる食事をする

    味噌・醤油などの発酵食品、生姜・にんにく・唐辛子などの香辛料、にんじん・ごぼうなどの冬の根菜類には体を温める効果があります。逆に生野菜や果物類は体を冷やす性質のものが多いです。冷え性の人は体を温める食材を積極的に摂るようにしたいですね。

  • 運動をする

    寒い時は出歩くのも億劫になりがちですが、家でできるストレッチや体操などで筋力が落ちないように気をつけましょう。
    運動により筋力がつくと代謝がアップし、血行が促進されて冷えにくい身体になります。

  • 適度に水分補給をする

    排便のための水分を補給するためには、白湯やお茶など温かい飲み物がおすすめです。また、食事の際にはお味噌汁や温かなスープを飲むようにすると、体も温まり栄養もたっぷり摂れるのでおすすめです。