便秘の治し方 お腹が張って痛いときの解消法!

頑固な便秘の治し方について解説しています。便秘は大腸がんの原因ともなる恐ろしいもの。原因を知り、対策をして改善していきましょう。お腹の張る痛み、冷え性、肌荒れ、むくみなど、便秘による症状と解消法を説明しています。便秘に効く食事法や漢方薬、運動についても解説。

広告

便秘の解消に効く運動 運動不足は便秘の原因になる

スポンサーリンク

運動不足は便秘の原因

 

日頃の生活で運動不足になると、便秘になりやすくなる傾向にあります。

これは運動不足により、腹筋をはじめとする排便に必要な筋力が低下してしまうことが原因だと考えられます。

 

例えば病気で寝込んでいるときなど、ずっと寝たままでいると便秘がちになります。

腸の働きは身体が動くことにより刺激を受けて活性化するので、寝ている状態が長くなると動きが停滞してしまうのです。

 

便秘の解消のためには、適度な運動を生活に加えて、筋力を保持しつつ、腸を刺激して働きを促しましょう。

 

 

f:id:rabana:20151130223555j:plain

 

便秘解消に効く運動法

 

おすすめの運動はウォーキング

ウォーキングは若い人からお年寄りまで誰でも簡単に始められるので、おすすめの運動法です。腸は歩くことにより刺激されます。

歩く時は大きな歩幅で、腕を大きく振りながら歩くと、全身運動になります。

新陳代謝が活発になり、血行が良くなるため、腸の働きも活性化されます。

 

加齢により、排便のために必要な腹筋・背筋などの筋力が落ちてしまうと、便秘の原因となります。ウォーキングは筋力の老化の防止のためにも非常に効果的。できれば一日30分間くらい歩く習慣をつけましょう。

 

腹筋を鍛える

排便するときは、お腹に力を入れますね。力むことでお腹に圧力がかかり、腸を刺激して、便を排出します。

この時に重要になるのは腹筋力です。

ただし、腹筋は全身の筋肉のなかでも、特に加齢によって衰えやすいのです。

女性は男性に比べてもともと筋肉の量が少ないので、特に腹筋力が落ちやすい傾向にあります。

腹筋力を日頃から鍛えると、腸の運動が起こりやすくなり、排便の働きが促されます。

 

☆腹筋運動のやり方☆

 

あおむけに寝て、上半身をゆっくり持ち上げ、お腹に力が入った状態で10秒間ほど静止します。その動作を一日数回でよいので、できるだけ毎日行うようにします。

 

☆運動のポイント☆

 

便秘解消のための運動のポイントは、リラックスしながら行うということ。

腹筋運動をするというと、汗をかきながら一生懸命に筋トレするイメージがありますが、やみくもに回数を増やして筋肉を鍛える必要はありません。

 

便秘解消のためには、「とにかく筋肉を鍛える」ようなハードなものでなくていいのです。

むしろ無理せず、マイペースに毎日続けられる運動がおすすめ。

 

ヨガやストレッチなど、リラックスしながらの運動であれば、毎日続けやすいと思います。

ゆっくりした動作でリラックスしながら行うことにより、副交感神経を刺激して、全身の血行を促し、腸へアプローチすることが効果的です。